弁護士  松尾善紀


弁護士
松尾 善紀(まつお よしのり)
大阪弁護士会登録情報
経 歴
昭和44年  兵庫県西宮市にて生まれ、大阪府枚方市で育つ
   私は大阪府枚方市の中小企業団地と呼ばれる、中小企業の工場や事業所の密集地帯に併設された社宅や社員寮が立ち並ぶ地区で育ちました。
 当時はまだとてものんびりとしており、近くには池、川、竹林、雑木林、公園、空き地が多数あって、同じ社宅(団地)の友達と日が暮れるまで遊ぶなどして、のびのびと育ちました。
昭和60年 中学2年時に滋賀県甲賀市へ転居していたため、滋賀県の膳所高校に入学
平成元年 京都大学法学部に入学し、京都市内で下宿生活
   私が大学に入学した翌年の平成2年に、現在の同僚である中村正彦弁護士が同じクラスの1学年下の学生として入学してきました。
 中村弁護士とはその年の新歓コンパで初めて出会って以来の付き合いですから、まさに戦友です。
平成4年 司法試験の受験勉強を始める(22歳)
   大学時代に、京都市内の共同作業所で働く知的障害者の人たちと一緒にハイキングに行ったり、運動会をしたり、バザーを開催したりなどの活動をする学生ボランティアサークルに所属していたのですが、このボランティアサークルには、人間的にも魅力的で能力的にも非常に優れた先輩方が多数いました。
 特に法学部の先輩方は、社会的に弱い立場の人や困っている人、苦しんでいる人たちの為に、司法の力による救済で、少しでも弱い立場の人たちが安心して暮らせる世の中を作り上げていきたいと、青臭くも、真剣に考えており、私もそうした先輩方の考えに影響を受けて、司法試験の勉強をするようになりました。
平成8年 司法試験合格(26歳)
平成9年 京都大学法学部卒業
同年 最高裁判所司法研修所司法修習生(第51期)
平成11年 大阪弁護士会に弁護士登録(29歳)し、クレジット・サラ金問題の先駆者であり、消費者被害救済に携わる弁護士のリーダー的存在であった木村達也弁護士の事務所で弁護士執務をスタートする
   木村達也弁護士の事務所は、多重債務被害救済の最前線であったため、入所当初から、個人債務者の多重債務事件や中小事業者の倒産処理事件を数多く手がけました。
 当時は、サラ金・商工ローンの全盛期で、生活費や事業の運転資金にあてるため、やむを得ず高利の借入れをしたが最後、いくら返済をしても、借金が減るどころか逆に雪だるま式に膨らんで二進も三進もいかず、どうにも首が回らなくなったというような借金の相談が非常に多く、こうした人たちの平穏な生活、経済的にも精神的にも安心して落ち着いた日々の暮らしを取り戻すために奔走していました。
 加えて、顧問先の経営に関するトラブル全般、労働問題、その他一般民事事件に家事事件から刑事弁護事件まで、数多くの事件を担当させていただいたため、激務ではありましたが、弁護士として随分鍛えられました。
平成22年 弁護士法人松尾・中村・上法律事務所開設(共同経営者)。現在に至る