弁護士 上将倫


弁護士
上  将倫(かみ まさのり)
大阪弁護士会登録情報
経 歴
昭和51年 鹿児島市にて生まれ、薩摩川内市(旧下甑村)甑島で育つ
   甑島は、ドクターコトー診療所のモデルになった診療所のある海のきれいな小さな島です。私の両親は、この診療所で職員として働いていたことがあり、私もよく出入りしていました。
平成3年 15歳で甑島を出て、出水中央高校に入学。出水市にて寮生活を送る
   この当時に出会った友人(現在、裁判官)が弁護士を目指すというのを聞いて刺激を受けたことが、後に私が弁護士を志す大きなきっかけとなったので、この友人には大変恩義を感じています。
平成6年 関西学院大学法学部政治学科に入学し、啓明寮に入寮。
以降、西宮市にて寮生活を送る
平成8年 司法試験受験を志し、同学部法律学科に転科
平成10年 同大学同学部同学科卒業。2度目の司法試験で短答式試験と論文試験まで合格するも口述試験で涙をのむ。
寮を出なければならなかったため尼崎市にて浪人生活を送る
平成11年 司法試験合格(23歳)
平成12年 最高裁判所司法研修所司法修習生(第54期)
平成13年 大阪弁護士会に弁護士登録(25歳)し、クレジット・サラ金問題の先駆者であり、消費者被害救済に携わる弁護士のリーダー的存在であった木村達也弁護士の事務所で弁護士執務をスタートする。
   8年間のイソ弁(勤務弁護士)生活で、消費者被害事件を中心に判例雑誌や裁判所のホームページに紹介される判決を5件勝ち取ることができました。
平成22年 弁護士法人松尾・中村・上法律事務所開設(共同経営者)。現在に至る